【新刊】えのないえほん

¥ 1,620(税込) 残り2点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【新刊】えのないえほんの商品説明

あるところに みにくい けものが いました

どんなに みにくいか
その すがたは
たとえ せかいいちの えかきを つれてきても
えがけなかったことでしょう

       ――本文より

あまりの醜さに、太陽は雲に隠れ、
月や星も照らすのを嫌がる。

人目を避けて森に住み、
水を飲むときは目をつむる。

けものはいつも、この世から消えてしまいたいと思っていました。
そんなある時、森で女の子と出会います。

「そこにいるのはどなた?」
けものはびっくりしました。
誰だって、姿を見れば声をあげて逃げ出すのです。

「さわってもいい?」
女の子はけものの体をあちこち触ります。

「おおきい つめ!」
「りっぱな つの!」
「いい におい!」

けものは、恐る恐る聞きました。
「きみは ぼくが へいきなのかい?」

そうして初めて知ったのです。
女の子の目が見えないことを。

-
-
女の子との心の交流。
それは温かで、いつまでも続いていくはずでした。
しかし何気ない一言に、けものは怒り、苦しみ、
それはこの物語を、予期しない結末へと導いてしまいます。

美しさと醜さ。
それは姿形のことだけではありません。
心の持ち方、立ち居振る舞い。
けものがとった行動は、醜い自分をさらに醜くするものだったかもしれません。

それでも最後の最後に気づくのです。

美しくある、ということがどういうことか。

本当の美しさとは、どういうものかと。

---
作:斉藤倫/絵:植田真
出版社:講談社 (2018/6/20)
ISBN-13:978-4062209717

通報する