【新品】ぼくがスカートをはく日

¥ 1,620(税込) 残り1点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【新品】ぼくがスカートをはく日の商品説明

12歳のグレイソンは、誰にも気づかれないよう図形でお姫様の絵を描き、鏡に映る自分の姿に落胆する。

「今朝はもっと女の子らしく見えたのに。鏡の中に、ぴかぴかした金色のロングドレスを着た女の子の姿が見えたのに。いまはまったくの別人。もちろん、頭では理解している。六年生になったときから、これからは日を追うごとにこうなっていくってわかってた。昔は役に立った想像力が、いまは全然役に立たない。着ているのはゴージャスなロングドレスなんかじゃなくて、バスケの短パンとTシャツ。悲しくなってくる。」

「なにかを鏡に投げつけてやりたい。ぼくの姿が粉々のかけらになって、床に飛びちるだろう。けど、できなかった。鏡の前に立って自分の姿を見つめ、必死で深呼吸した。」

少年の願いは、学校の演劇で女神の役をすること。
でも、それは誰にも言えない彼の秘密。

クラスメイトに知られたらきっと受け入れてもらえないだろう。

「ぼくは、ただ、本物の女の子になりたい。」

自分らしい生き方とは。

---
エイミ・ポロンスキー 著/西田佳子 訳
学研

通報する