【新品】「社会を変えよう」といわれたら

¥ 1,728(税込) 残り2点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【新品】「社会を変えよう」といわれたら の商品説明

社会を変える力と協働の足場はここにある!

冷戦後の世界秩序の変化に対応できなかった矛盾が噴出する3・11後の日本社会。
この間デモや社会運動、政治に様々に参与してきた私たちの経験を戦後史のなかで叙述し、社会を変える力と協働の足場を解明した意欲作。書き下ろし。

作家 中島京子さん 推薦!

「この政権はなんで倒れないの?」「日本に民主主義は根づかないの?」「平和憲法は時代遅れなの?」
そんな疑問に憑りつかれたら一読を。
あー、そうだったのかと気づくことがいろいろ。ちょっと前向きになれるはず。

=目 次=
第1章 安倍政権とは何者か
第2章 私たちは戦後をどう生きてきたか
第3章 3・11後の社会運動と日本のかたち
1――3・11後の社会運動はなにを変えたのか
2――3・11後の社会運動は政治を変えたのか
3――若者は保守化したのか
4――「日本のかたち」が変わる

---
木下 ちがや (著)
出版社: 大月書店 (2019/4/17)
ISBN-13: 978-4272211210

通報する