【新品】不肖の娘でも

¥ 2,160(税込) 残り2点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 220円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【新品】不肖の娘でもの商品説明

文筆家として東京で働き、家庭を持った娘と、認知症を患う秋田の母。
介護はおろか、そばにいることさえ叶わない。

〈母の近くにいたい、世話をしたい、それは娘にしかできないこと。
自分の仕事をしたい、東京の家族といたい、それが私のしたいこと。
同じ強さを持って、娘と私が真逆に引っ張り合う。アクセルとブレーキを同時に踏んで、火花が飛び散っている状態だった。〉

〈振り返れば、傷つけることしかしてこなかった気がしてしかたがない。なのに母が病気になってなお、何もしてあげられない娘である。〉

〈いつの間にか私は、くたびれきっていた。
「毎日」にも「待たれている」ことにも、そして「寄り添い」つづけることにもだ。〉

父と、何より母に向けて書きはじめた文章は、いつの間にか止まらなくなり、「私」自身のこわばりを緩め、解放してゆく。

そこにはひとりの女性の一生があり、その人に育てられた自分がいた。

「不肖の娘でも、それでも私はあなたの娘でありたいのです。」

母を想う、すべての自称・不肖の娘や息子たちへ。

著者による私家版。

〈目次〉
一 夏雲
二 友だち
三 いち日ひと笑い
四 役に立たない娘
五 白い鳥
六 営みの料理
七 あなたにしかできないこと
八 おやつ
九 生きてきた場所
十 最後に残るもの

〈著者プロフィール〉
井川直子 ikawa naoko

文筆業。秋田県出身。主に料理人、生産者、醸造家など、食と酒にまつわる「ひと」と「時代」をテーマに執筆。近著に『変わらない店 僕らが尊敬する昭和』(河出書房新社)、『昭和の店に惹かれる理由』『シェフを「つづける」ということ』(ともにミシマ社)。著書に『僕たち、こうして店をつくりました』『イタリアに行ってコックになる』(ともに柴田書店)など。現在、雑誌『dancyu』『料理通信』、ウェブサイト『dancyu web』、新聞『秋田魁新報』などで連載中。

---
井川直子
定価 2,000円+税
仕様 A5判・160ページ
装丁 菅渉宇
発行 リトルドロップス

通報する