【リトルプレス】CINEMA TALK Vol.1〜4 セット

¥ 2,800(税込) 残り3点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 220円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【リトルプレス】CINEMA TALK Vol.1〜4 セットの商品説明

*こちらは4冊セットです。

イラストレーター・亀石みゆきさんによるZINEです。

可愛らしいイラストと文字で綴る映画感想ノート。
登場人物や小物、そのストーリーまでしっかりと描かれ、
まだ観ていない作品は今すぐに、すでに観たことのあるものは改めて、どれも観てみたいという気にさせてくれます。

創刊号は「児童文学と映画」
(『魔女の宅急便』『長くつ下のピッピ』『秘密の花園』など12作品)

第2号は「女の友情と映画」
(『リップヴァンウィンクルの花嫁』『滝を見にいく』など11作品)

第3号は「北欧と映画」
(『オンネリとアンネリのおうち』『コールド・フィーバー』など10作品)

第4号は「親子と映画」
(『フロリダ・プロジェクト』『92歳のパリジェンヌ』など)

亀石さん個人の好きな作品、というのが選ぶ基準だそうですが、
テーマの一つとして、「女の子」「女性」があるように思います。

「女」であることから生じる悩みや葛藤、生きづらさ、そしてそれに負けない強さまで、幅広く捉えられています。

2019年の現代においても、特に日本では女性を取り巻く環境はさほど変わっていないように感じられます。

男性を主人公にした作品も多いので、決してフェミニズムだけをテーマにした冊子ではありませんが、大々的に主張せずとも、そういった視点もあることを感じていただけたら。

もちろん映画の紹介としても充分過ぎるほどに楽しめます。

---
亀石みゆき
46頁
2018〜2019年発行

通報する