【新品】日本のZINEについて知ってることすべて 同人誌、ミニコミ、リトルプレス―自主制作出版史1960~2010年代

¥ 2,808(税込) 残り1点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

【新品】日本のZINEについて知ってることすべて 同人誌、ミニコミ、リトルプレス―自主制作出版史1960~2010年代 の商品説明

ZINEとは何か。
それを一言で表すのはなかなか難しいかもしれません。

同人誌、ミニコミ、リトルプレス……様々な名前で呼ばれてきた、自主制作の冊子や雑誌。それらを総称してZINEと呼ぶのが、ここ数年の傾向のようです。

アート、音楽、写真、漫画。
おカタイ文芸から、アダルトな読み物まで。
単なる個人の記録もあれば、企業が戦略を重ねたPR誌もあります。


本書は、これまで国内で制作されてきたこれらのZINEを総括するという初の試み。
この世界に造詣の深い方々による、なんとも贅沢なZINEの考察です。

年代やジャンル・テーマごとに分類された作品の数々は、まさに圧巻の一言。
貴重なインタビューや資料、年表なども付されていて、日本におけるZINE史の決定版と言えます。

作り手の数だけZINEが生まれ、読み手の数だけその世界が広まり、深まってゆく。

何千何万と流通する一般の書籍と比べれば、その範囲には限りがあるかもしれません。

しかし、いえだからこそ、そこからは作り手の熱量がダイレクトに伝わってきます。ただひたすら好きなものを表現したい、誰かに届けたい。自分のことを知ってほしい。製作の動機は様々でも、そこには経済性やマーケティングなどひとっ飛びに飛び越えるだけの確かな力が存在します。


誰もが発信者であり、表現者である今。
ZINEの世界はますます伸びやかに広がってゆくでしょう。

新たな表現に挑んでいきたいと考えている方はもちろん、広く出版に関わる方にはぜひ手にとっていただきたい1冊です。


-----
ばるぼら、野中モモ‎  編・著
出版社:誠文堂新光社
ISBN:978-4416517673

通報する