【新品】学びのきほん 『本の世界をめぐる冒険』&『「読む」って、どんなこと?』セット

¥ 1,474(税込) 残り0点

現在在庫切れです

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 230円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

【新品】学びのきほん 『本の世界をめぐる冒険』&『「読む」って、どんなこと?』セットの商品説明

学びのきほん 「本の世界をめぐる冒険」&「読む」って、どんなこと?」の2冊セットです。


●『本の世界をめぐる冒険』ナカムラクニオ

「本が読まれなくなった」と言われる現代。でも、本当にそうなのか。
本がたどってきた道のりを振り返ると、本と私たちとの新しいつながりが見えてくる。
本はどのように誕生し、どう発展してきたのか。
過去を学ぶことで見えてくる、本の現在、未来、そして本好でも知らない知識の数々--。

本のこれまでの「きほん」とこれからの「きほん」が分かれば、読書がいっそう面白くなる。

世界の事情に最も詳しい著者による、今すぐ誰かに話したくなる、学校では教えてくれない「本にまつわる教養講座」。


●『「読む」って、どんなこと?』高橋 源一郎

誰もが学校で教わった「文章の読み方」。私たちはそれを疑いもせず身につけることで生きてきた。ところが、学校で教わった読み方だと「読めない」ものがある!?

小説、詩、エッセイ、ノンフィクションーー。
作家・高橋源一郎が好きな作品を一緒に読みながら、「読むきほん」を学びなおす、大人のための授業を開講!

はじめに:誰でも読むことはできる、って、ほんとうなんだろうか
1時間目:簡単な文書を読む
2時間目:もうひとつ簡単な文章を読む
3時間目:(絶対に)学校では教えない文章を読む
4時間目:(たぶん)学校では教えない文章を読む
5時間目:学校で教えてくれる(はずの)文章を読む
6時間目:個人の文章を読む
おわりに:最後に書かれた文章を最後に読む

---
ナカムラクニオ、高橋 源一郎
出版社: NHK出版 (2020/6/25)

通報する