【新品】メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集

¥ 3,080(税込) 残り3点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • その他

    全国一律 300円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

【新品】メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集の商品説明

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン最後の短篇小説集、待望の邦訳。
「小説家」トーベ・ヤンソンの魅力にあふれた未邦訳作品7篇を含む31篇。

トーベ・ヤンソン没後20 周年

児童文学作家、画家、イラストレーター、漫画家などさまざまな分野で活躍してきたトーベ・ヤンソンは、大人向けの小説を書く「小説家」としての顔ももっています。
1968年に発表した自伝的小説『彫刻家の娘』以降、ヤンソンはいくつもの小説を執筆してきました。

本書は、1971年から1991年の間に発表された作品の中からヤンソン自身が選定したベストセレクションに書き下ろし8篇を加えた傑作選となっており、生前最後に刊行された遺作でもあります。
自伝的作品集としての側面ももっており、学識豊かだった叔父たち、彫刻家だった父、母娘の関係、幼い日の冒険、美術学校の仲間たちなど、身近なひとびとが作品に登場します。
またヤンソンの芸術観やクリエイティビティに関する洞察が窺えるような要素を含んだ作品も収録されています。

日本のヤンソンファン待望の一冊が、ユーモアのある語りを生かした親しみやすい新訳で刊行。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トーベ・ヤンソンをムーミンの作者としか見ていない人がいるなら、ちょっともったいないと思う。
確かに順序からいうと、ムーミンと呼ばれるトロールのほうが大人向けの小説よりも先に誕生してはいるけれど。
それでも、長篇小説や長篇小説を読まずして、トーベ・ヤンソンを読んだとは言えないと思う。
本当の意味で読んだとは。
その一方で、それを体験できる機会がまだすっかり残っているなんて、羨ましい限りだ。
――フィリップ・テイルによる本書「まえがき」より

【目次】
1:我が愛しき叔父たち[初邦訳]
2:アイデアを得るということ[初邦訳]
3:コニコヴァへの手紙[初邦訳]
4:ボートとわたし
5:卒業式[初邦訳]
6:サミュエルとの対話[初邦訳]
7:ローベット
8:猿
9:黒と白
10:夏の子ども
11:ある愛の物語
12:人形の家
13:軽い鞄ひとつの旅
14:砂を降ろす
15:クララからの手紙
16:春
17:大旅行
18:自然の中の芸術
19:リス
20:連載漫画家
21:コニカとの旅
22:墓地
23:ヴワディスワフ
24:オオカミ
25:カーリン、わたしの友達
26:文通
27:思い出を借りる女
28:リヴィエラへの旅
29:絵
30:娘[初邦訳]
31:メッセージ[初邦訳]

---
トーベ・ヤンソン 著、久山葉子 訳
出版社 : フィルムアート社 (2021/3/26)
単行本 : 500ページ
ISBN-10 : 4845920115
ISBN-13 : 978-4845920112

通報する