【新品】私のいない部屋

¥2,640(税込) 残り1点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料

    全国一律 ¥230

※¥11,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

【新品】私のいない部屋の商品説明

"マンスプレイニング"を世に広めた新時代のフェミニズムを代表する作家、ソルニットの歩んだストーリー

「若い女となること。それは数え切れないほどさまざまに姿を変えて出現する自分の消滅に直面することであり、
その消滅から逃避し、否認することであり、時にはそのすべてだ。」
父のDVから逃れるように家を離れ、サンフランシスコの安アパートに見つけた自分の部屋。
女に向けられる好奇や暴力、理不尽の数々を生き延び、
四半世紀暮したその部屋でやがてソルニットは作家になった。
生々しい痛みと不安とためらい、手放さない希望を描くはじめての自叙伝。

通りすがりにつばを吐きかけてきた男。元恋人に刺されて死にかけた友人。
アパートの管理人が語ってくれた、追い立てられ続けた黒人の歴史。
歩くことの自由を知ったこと、女性が自由に歩けない理不尽への怒り。
ゲイの友人たちのファッションとおしゃべりがもつケアの優しさ。
バロウズのパーティに潜り込み、美術雑誌に書いた記事。
はじめての本をまるごと葬ろうとしてきた編集者──。
自由と抑圧が交錯するアメリカ西海岸、1981年。
拾い物の家具、ガラクタ市で見つけた年代物のソファとともに始まったのは、
女をいないも同然にあしらう男たちに抗い、自分の声を持ち、なるべき私になるまでの物語だった。

【目次】
1 鏡の中の家
2 霧笛とゴスペル
3 戦時下の生活
4 消失の技法
5 夜、自由に
6 エッジの効用
7 難破船へ潜る
8 声と信用と重み
あとがき 生命線
謝辞/訳者あとがき


---
レベッカ ソルニット 著、東辻賢治郎 訳
出版社 ‏ : ‎ 左右社 (2021/10/4)
単行本 ‏ : ‎ 304ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4865280464
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4865280463

通報する